Pocket

300ペソのプリペイドカードを手にもつ女性

フィリピンでWifiを接続する方法は公共施設やお店のWifiでつなげる、4G契約をする、ポケットWifiか家庭用ルーターを使って接続契約をすることが一般的です。ですがこれら以外で最近プリペイドLTEという新しい形態の接続方法が人気を集めています。特にフィリピン留学生の利用者が急増中です。

プリペイドLTEの一番大きなメリットは初期投資がほとんどかからない事、いつでも止められる事の2点です。僕も昨年12月にそれまで使っていたポケットWifiとおさらばしてプリペイドLTEに乗り換えました。その安さと手軽さから恐らくフィリピン中短期滞在者のWifi問題はこれで解決だと思います。

プリペイドLTEの優秀な点

初期投資がほとんどかからない

LTEはスロットに差し込むプリペイドLTEチップを差し込むだけでスタートできます。チップの値段は50ペソ(約110円)。接続料はダウンロード容量によって異なりますが大体300~1,000㌷(620~2,010円)最初にほとんどお金をかけずに始められます。
これがポケットWifiですとポケットWifi器具を最初に購入しなければなりません。1,500~2,500ペソ(3千円~5千円)くらいします。学生にとってはばかにならない金額です。

縛りがない

フィリピンの若者の絶対的人気は4Gでスピード、安定性、動画視聴、ダウンロードのサクサク度などダントツでいいのですが多くの4G契約は最低6か月契約という縛りがあります。それが短中期滞在者に推薦できない理由です。フィリピンの永住者向けですね。家庭用ルーターも半年などの縛りがあります。
プリペイドLTEはいつでもスタートできて1か月単位でいつでもやめられます。フィリピン留学生たちの間でプリペイドLTEの普及が急速に広がっている主な理由はここにあります。それに外国人が4Gに加入する場合パスポートとフィリピン官庁などが発行したIDを提示しなければならないのでかなり面倒です。

プリペイドLTE利用の注意点

無制限ではない

最初に契約したのはSurf300というSmart社の月300㌷のタイプ。1か月の有効期限です。その間に使える容量は4GB。それを超えると有効期限内でも使えなくなります。
最初僕はこの理屈がわからなかったので1週間くらいたくさん動画を見続けてある日突然見れなくなってしまいました。
僕の場合は明らかにやりすぎです。
『メールとLINE、ネット閲覧程度利用するお客さまであれば、1日で60~80MB程度。そこに動画視聴やSNSのやり取りが加わったとしても、ほとんどの場合、1日で100MB(1カ月3GB)にも満たないでしょう。』OCNモバイル1
意識的に注意して使っていればアウトになりません。普段はホテルや語学学校の使い、外出時のみLTEを活用するというやり方でしたら十分だと思います。

決定版Gosurf999

ただ毎日容量を気にしながらネットを使うのは少し不便ですので1日容量800MBのGosurf999にアップグレードしました。こちらは1か月で1,000㌷ですのでSurf300の値段の3倍くらいします。一日中動画をつなげるなどのあほな使い方をしない限りこちらでネット環境の心配はしなくて大丈夫になりました。
ちなみに1日1GB(1024MB)で720p(高画質)設定のYouTubeを見た場合は約90分持ちます。
Go Surf999と Globe社の 4G契約の1か月の利用金額は同じ1,000ペソ。1日の容量は前者が800MBに対して後者が1GB。ほとんど変わらないです。

プリペイドLTEの利用大前提

LTEプリペイドチップ
プリペイドLTEはどなたでも利用できます。ただし注意点としてプリペイドLTEはカードチップを差し込むスロットがないと接続できないのでSimフリー型の端末でなければなりません。僕はWi-Fi+CellularタイプのI PadにSmart社のチップを使っています。

契約方法

インターネット接続契約を行ったスマホショップ
プリペイドLTEの接続手段は非常にシンプルです。ショッピングセンターあたりに行けば30分くらいですべて終わります。

まずプリペイドLTEチップを購入します。Micro SDみたいな大きさと形です。スマホショップで売っていますが置いてある所、置いてない所があります。3~4軒回れば見つかるでしょう。

次はLTEプリペイド接続カードの購入です。500ペソ、100ペソ、300ペソなどいろいろあります。用途に応じた金額のものを買われればよいです。これも置いてある場所、置いてない場所があります。すぐ探せます。1,000㌷分購入してGosurf999で接続してもらいます。カードチップはフィリピン大手のGlobe社とSmart社のものがあります。都会はGlobe、田舎はSmartがつながりがいいと一般的に言われていますがケースバイケースですので周辺にいる知人が何を使っているか、つながり具合はどうか確かめてからどちかを選ばれたほうがいいです。
カードを購入したお店で自分の端末のスロット部分を開けてもらってMicro Sdタイプの先ほど購入したチップを差し込んでもらい、その場で購入したカードを使ってネットに接続します。ここまで全部やってくれます。
インターネット接続手続きをする店員
それ以降はカードを購入して自分でウェブ上から接続期間を更新する事ができます。僕はショップの人たちからいろいろ情報や知識を教えてもらいたいので毎回月の同じ日にショップに行ってカードを購入して彼らに期間延長手続きを代わりにやってもらっています。

 


Pocket