Pocket

’Daysと書かれたポスター

フィリピン1週間留学の注意点とおすすめの学校とおすすめの理由についてご説明いたします。

フィリピン1週間留学の注意点

学校規則面

  • フィリピンの語学学校の授業提供日は月曜日から金曜日までの5日間で土日は休みです。
  • たとえ有料でも土日に追加授業を提供する語学学校はほとんどありません。
  • 平日でも祭日と重なればその日は学校はお休みとなり授業は提供されません。
  • 最初の月曜日はレベルテスト、オリエンテーション、買い物ツアーなどの予定が入ります。これらの行事に丸1日費やす学校と午前だけ費やして午後から授業を提供する学校の二手に分かれます。

成果面

フィリピン1週間留学は期間がものすごく短いので英語初級者は大した成果は見込めません。初級者がフィリピン留学にチャレンジされる際には渡航前に日本で中学英単語暗記をされる事を強くおすすめいたします。
ある程度英語力がある方の場合事前にフィリピンで学ぶべき部分を決めておけばたとえ1週間という短期であれかなり有益な留学になります。

祭日を挟んだ1週留学におすすめ学校

学校名

  • セブCELLA UNI
  • セブCELLA Premium
  • セブCPI
  • クラークCIP

選定理由

上記4校は1週間や2週間の短期留学専用の特別コースを設けております。祭日も授業を受講できます。
講師が集まらず決まった分量を消化できない事がありますが、滞在期間中にかならず予定コマ数が提供されます。
CPIとCIPは最初の月曜日も朝一番から授業スタート。オリエンテーションとレベルテストは渡航前にオンラインで完了させます。
CELLAプレミアムとCELLA UNIは月曜日は午後からマンツーマン4時間提供となりますが1週間特別コースの場合退寮日である土曜日の午前中にもマンツーマン2時間を追加提供いたします。

各学校と各コースの特徴

CELLAプレミアムとCELLA UNIは一日9時間のマンツーマン授業を提供。みっちり勉強できます。
CELLAプレミアムはセブシティのど真ん中に位置。UNIはセブシティから車で15分くらい離れたタランバンという地方小都市に所在。どちらも施設は綺麗で利便性がいいです。
CPIは紹介4校の中では唯一平日外出不可のスパルタです。一日6時間のマンツーマン授業とグループ授業2時間の構成。高級ホテル並みの施設とおいしい食事提供で特に有名です。
CIPの1~2週間特別コースはマンツーマン5時間とグループ2時間ですが、マンツーマン授業中2時間はネイティブ講師が担当します。常時14~15人のネイティブ講師が在籍しております。
立地はマニラ北90km。関空、成田から直行便が出ているクラーク国際空港からですと車両で15分程度。

祭日がない通常1週留学におすすめ学校

上記4校ほど1週間留学コースが強力ではありませんが、期間中祭日が重ならない場合にはコストパフォーマンスが非常にいい学校がありますのでご紹介いたします。

学校名

  • マニラCNN
  • クラークHana Academy

選定理由

最初の月曜日ですがクラークのHana Academyは朝から、マニラのCNNは午後から授業を提供いたします。特別コースではなく通常コースです。
祭日のない週を選べばお得です。それと両校は1週間留学に限りフィリピン政府発行のSSP(特別認可証、14,000円相当)を負担してくれますのでかなり経費を削減してくれます。
これはフィリピン留学業界の中ではほとんど特例と言っていいです。

両校の特徴

両校とも特別コースではないのでどの科目を選定されるのも自由です。
マニラCNNはソニー、ダイキン、パナソニック、大阪ガス、JTBなどの指定研修先を長年務めている事もあり、ビジネス英語指導が特に強いです。
Hana Academyは8~10名のネイティブスピーカーが在籍。CIP同様、ネイティブマンツーマンを集中的に受けられます。場所はCIPと近いです。

Pocket