Pocket

バスターミナルバギオ
フィリピン留学の行き先としてはセブ島が有名ですが、スパルタ運営システムの名門学校が多いバギオ地方も人気です。日本から毎週多くの方が学びにでかけます。
マニラからバギオまではバスで7~8時間。留学研修後の学生たちは帰路バスに乗ってマニラ国際空港に移動する事になりますが選択肢があります。ビクトリーライナーバスターミナルかバスターミナルバギオ(Bus Terminal Baguio)かです。
バギオの2大バスターミナルですが運賃はほとんど変わりありません。マニラやクラークへ行かれるのであればバスターミナルバギオがいいと思います。本稿ではその理由についてお話いたします。

待たなくて済む

ビクトリーライナーバスターミナル
3年くらい前の話ですがバギオのビクトリーライナーからマニラ行きのバスに乗ろうとしたところ3時間待たされた事があります。ターミナルには屋根と椅子があるのでそれほどしんどくはなかったですが長い待ち時間でした。当時はバスターミナルバギオの存在を知りませんでした。
一方バスターミナルバギオではあまり待たずして長距離バスに乗れます。ビクトリーバスターミナルにはビクトリーライナー社のバスしかありませんがバスターミナルバギオではRabit, Joy, Genesisなどいくつかのバス会社からマニラ行きが随時出ているのでどれか待機中のバスに乗ればさほど待たなくても済みます。バスターミナルバギオにもマニラ行きのビクトリーライナーバスが出ています。
写真はビクトリーライナーバスターミナル。

空港までの直通がある

JoyBusチケット販売所
バギオからマニラ行きの長距離バスターミナルはパサイかクバオのバスターミナルが終着駅です。そこからタクシーに乗ってマニラ国際空港まで移動です。但しバギオから空港まで直通のバスがひとつあります。Joy Busです。途中タクシーに乗り換える手間がはぶけます。こちらもバスターミナルバギオから出ています。Joy Busに乗る際の注意点ですが、こちらは完全予約制です。他のバスのようにいきなり車内に乗り込んで車掌に運賃を支払うというシステムではありません。ご利用される際には出発予定日の1~2週間前にご購入される事になります。

アクセスが便利

SM Baguio
バギオの繁華街は高台にあるSMバギオを中心としてその麓を流れるセッションロードとなります。バスターミナルバギオはSMバギオを下った繁華街の中にあります。バギオに1か月でも滞在された方は恐らくバスターミナルバギオを通るはずです。SM行きのジプニーはバギオ中至るところにありますので交通の便がいいです。一方、ビクトリーライナーバスターミナルは都心から若干離れています。

バスターミナルバギオのマイナス部分

バギオバスターミナル
ビクトリーライナーバスターミナルはひとつの大きな屋根付き建物の中にチケット売り場やバスレーン乗り場があります。一方バスターミナルバギオは青空天井です。雨が降ればお目当てのバスを探し当てるまで濡れると思います。バギオは雨が多い街です。

その他覚えていて役に立つかもしれない情報

バスターミナルバギオにPartasというバス会社の乗り場があります。こちらから世界遺産ビガンへのバス便が出ています。

Pocket