Pocket

TOEICの公式ロゴ

日本ではTOEICが英語基準

世界では非英語圏の人々の英語力を測定する検定試験としてIELTS、TOEFL、ケンブリッジなどがありますが日本で圧倒的に有利な資格はTOEICとなります。

日本でのTOEICの影響力はこんな所で見られます。

  • TOEIC950点保持者は日本の国家英語教員資格で英語試験が免除される。
  • 日本の上場企業の中で入社条件をTOEIC600点、部長昇格条件を800点など具体的な数字を提示している所がある。
  • 国立大学および私立大学の一部では在学生が卒業するまでにTOEIC600点取得を義務付けている。
  • 人材派遣会社でTOEICの取得点数別で仕事案内を行っている。
  • 日本での年間TOEIC受験者数

    日本での2014年のTOEIC年間受講者は240万人。世界全体でみると700万人。日本受験単独の比率で全体の34%を占めるので日本で特に人気が高い試験と言えます。
    ライバル試験であるIELTSやTOEFLの受験料がTOEICの4~5倍するのでTOEICですと気軽に受験できるという側面もあります。TOEICの受験料は1回5,725円(2017年現在)です。
    日本語TOEIC公式試験案内のしおり

    TOEICの試験内容と難易度

    試験内容

    TOEICテストは、聞き取り (Listening) が100問と読解 (Reading) が100問の計200問の構成となってます。4択の中からひとつの正解に印をつけるマルティプルチョイス方式です。
    設問は、身近な事柄からビジネスに関連する事柄まで、幅広くコミュニケーションを行う能力を測る目的で作られてます。
    評価は、聞き取りと読解でそれぞれ5点から495点までの5点刻みで行われ、評価の合計点数は10点から990点となります。
    名前を伏せた実際のTOEIC公式テストスコア

    難易度

    TOEICは英語検定試験の中では難易度が低いほうです。
    その理由としては;

  • 日本人が傾向的に苦手とするスピーキングやライティング部門が試験科目に含まれてない事。
  • 正解を4つの例題から選ぶの選択式ですので単語を綴る必要がない事。
  • スピーキングで自分の主張をしたり、ライティングで起承転結のエッセイを書き上げる必要がないので自分の頭で独自の考え方をひねり出さなくていい事。
  • などが挙げられます。

    TOEICでは不要とされる上記すべてのものがTOEFLやIELTS試験では要求されます。TOEICはきちんと勉強して試験パターンに慣れさえすればだれでも高得点を獲得できます。

    Woo, I made it!

    TOEICの注意点

  • TOEICは日本での影響力が絶大ですが世界ではあまり認められておりません。TOEICの受験用途はあくまでも国内就職向けです。
  • TOEIC学習は試験対策学習です。TOEICで高得点を獲得したとしてもスピーキングとライティングテストがないので世間一般の評価と実際の英語全体の実力にギャップがある場合がございます。
  • でこぼこ注意の道路標識

    Pocket