Pocket

マニラチャイナタウンの南門

本日の散歩はマニラのチャイナタウンです。マニラ市北西に所狭しと中華系の店が並ぶビノンド地区は世界最古のチャイナタウンのひとつです。1592年に時の権力者であるスペインがビノンド地区をカトリック系中華人の移民先地区として指定しましたが、それ以前からこの地で中華系の人々の活発な商業活動が行われていたそうです。

チャイナタウンへの行き方

チャイナタウンへの単純明快でわかりやすい散歩術はタクシーでビノンド教会まで行き、そこを起点に西のLRTカリエド駅側に歩くというルートです。本日はこのルートをご紹介いたします。

ビノンド教会
写真のビノンド教会は1596年にスペイン人によって設立された由緒あるチャーチでマニラの有名観光スポットのひとつに数えられます。

チャイナタウンの散歩ルート

ビノンド教会からスタートした中華街散歩ルート

散策ルートは①のビノンド教会を起点にして東に続く中華街のメインロードであるオンピン・ストリートに沿って進みます。2~3kmのオンピンストリートのミニトリップです。上記マップ⑤が大通り付近で散歩のゴールとなります。散歩の時間は道草せずまっすぐ進めば30分くらいでしょう。

ビノンド教会前にあるオンピン通りとLRTキャリエド駅の方向を示す標識。あちこちにオンピン通りの方向を示す標識が立っているのでたぶん迷う事はないと思います。

ちょっと道草

スタート地点から脇道にそれて道草します。ビノンド教会の裏側にある②の東北水餃子に行くためです。マップの見た目よりは近く、ビノンド教会前から徒歩1~2分で行けます。
東北水餃子の正面ガラス
東北水餃子の正面ガラスです。水餃子の皮を作っています。マニラの中華街ではガラス張りで調理作業を見せるお店が多いです。若いおねぇ系のあんちゃんや女の子たちの愛想が非常によかったです。
水餃子
このお店のメインは店の名前通り水餃子です。ひと皿14個入りで150ペソ(330円)。皮がちょっとやらかいです。

トマトと玉子の炒め料理
このトマトと玉子の炒め料理はうまかった。ひと皿120ペソ(264円)です。お酒はメニューには載ってませんでした。

餃子の皮でアンを包む店員
名称:Dong Bei Dumplings(東北水餃子)
所在地: 642 Yuchengco St, Binondo, Manila, Metro Manila
営業時間: 9時~20時00分(不定休)
電話番号:02 2418912

オンピン通りを歩く

日本の中華街ですとレストランをメインに街づくりされているイメージがありますが、マニラのチャイナタウンは薬屋、果物屋、貴金属系、スーパー、銀行、商社などが入り混じっており中華料理屋もそのひとつという感じです。決して圧倒的多数の主役ではありません。
写真は基本道順で並べてありますが前後逆になる事もあります。ご了承くださいませ。

中国祭事関係の装飾品を取り扱うお店

お店の周りをほうきで掃除する露天野菜行商

露天果物屋

漢方式の薬局

中華式大門

オンピン通りの人通り

露天の果物屋が並ぶ道

中国の雑貨屋

オンピン通りの人並み

SEIKOの時計屋

ちょっと脇道

ビノンド教会を1kmくらい進んで十字路を左に見ると領南麺家という中国式のラーメン専門店があります。マップ③です。
領南麺家の正面

名称:領南麺家(Ling Nam Noodle Factory And Wanton Parlor)
所在地: 616 T Alonzo Streetsanta Cruz, Metro Manila, Kipuja St, Santa Cruz, Manila, Metro Manila
営業時間: 5時30分~21時00分(不定休)
電話: (02) 733 5231


ワンタン麺、ワンタンスープ、肉まんがメインのお店です。ワンタン麺大盛り180ペソ。
鶏肉の薄味スープです。日本の味覚に合うと思います。フィリピンは麺が少ないのが一般的ですがここはボリュームが多いです。すこし粉の味がします。ワンタンがメインの店であるだけあってワンタンは絶品です。
店内の様子

ちょっと休憩

蘭州拉面の正面
オンピン通りの並びに 蘭州拉面というお店があります。④です。ビノンド地区のチャイナタウンとその周辺に5~6店舗を構えるチェーン店です。お店に入るとデゥテルテ大統領、エストラーダ大統領など要人や芸能人たちの来店記念社員が貼ってあります。
名称:蘭州拉面(Lan Zhou La Mien)
所在地:937 Ongpin St, Santa Cruz, Manila, Metro Manila
営業時間: 8時~22時00分(不定休)

刀で麺をさばいていく料理人
このお店は刀削麺で有名です。忍者の手裏剣を頭の上から飛ばすようなテレビで見るパフォーマンス的な調理を想像していましたが、胸元でさばいていました。

猪肉刀削
上の写真はメニューに猪肉刀削と書かれています。一瞬猪の肉麺かと思いましたが英語でPort knife menと記載されております。普通の豚肉です。160ペソ(352円)。
スープは日本とはまったく別の風味です。大陸系の味なのかもしれません。好き嫌い別れると思います。刀削りの麺は非常においしかったです。次に来たときにはスープなしのジャージャー麺風の一品を注文しようと思っています。スープなしの麺類のバリエーションも豊富です。

ゴールまであと少し

蘭州拉面まで行けばゴールは間近です。


チャイナタウンには貴金属ショップが非常に多いです。オンピン通りの見た目では中華レストランの数を上回る感じです。友人のフィリピン人が言うにマニラの中華街がフィリピンでは一番金が安いそうです。


噴水前のゴールです。
マニラチャイナタウンはオンピン通りとその脇道が中心ですがその周辺を広範囲にわたり中華系ショップが点在しています。

帰り


オンピン散歩ルート⑤にたどり着けば上の写真①の噴水前に出ます。この辺でタクシーを拾おうとしましたがなかなか捕まえられなかったので電車を利用します。
LRTカリエド駅です。
噴水前からカリエド駅への行き方は①の中華大門を背に少し右に進み左折します。大通り沿線です。左折した所を150から200メートルくらい歩けば左側に高架線上のカリエド駅が見えます。すぐわかります。
電車でカリエドからチャイナタウンに入りビノンド教会前でタクシーか船に乗ってマカティやオルティガス、ケソンなどに戻る散策ルートもありますね。
カリエド駅から南方面のバクララン方面行きの電車に乗れば終点バクララン駅のひとつ手前のEDSA(エドゥサ駅)でMRTタフト駅で乗り換えてマカティがあるアヤラ駅まで行けます。エドゥサ駅とタフト駅は専用通路で連結されています。

キアポ市場


ちなみにカリエド駅の下からマニラで一番大きいマーケットのひとつキアポ市場が広がります。チャイナタウンとキアポ市場でセットにしてもいいかもしれません。
安いです。アメリカ映画のDVDが10ペソ(22円)で売っていました。通常は20~25ペソです。私の行きつけのDVDショップのオヤジは毎週キアポに仕入れに来るそうです。
キアポ市場はスリが多いと聞きます。ぽんと軽くぶつかってその間に人知れずスマホや財布をスってしまう神業師達が横行しているようです。キアポに入るのであれば貴重品はカバンの中にいれてチャックをきっちりしめておきましょう。

マニラ・チャイナタウンの治安

フィリピンや日本の友人のお話を聞きますとマニラの中華街はあまり治安がよくないとの事です。ビノンドとキアポ地区はすりが多いそうです。
チャイナタウンには3度行きました。午前中とお昼です。私の判断は『午前中やお昼頃にオンピン通りに沿って散歩したり通りのお店で食事したりするくらいなら大丈夫』です。人も混み合っていないのでスリの心配はありませんでした。夜は行った事ないのでなんとも言えません。マニラ市内の散歩は午前か昼がいいでしょう。

マニラ中心グァタルーペから川下りのルート

マカティとオルティガスの間にグァタルーペというMRT駅がありそこからフェリーボートに乗ってチャイナタウンの南側の門(この記事の一番最初の写真)のすぐ近くのエスコルタ・フェリーボート駅から入るルートがあります。但し2017年11月末に船にのた時にはエスコルタ・フェリーボート駅が閉鎖されていたので今回は紹介いたしませんでした。次のプラザメキシコ駅には停車します。マニラの古都イントラムロス近辺です。そこからタクシーワンメーターでビノンド教会前まで行けます。詳しくは下記関連記事をご覧くださいませ。

Pocket