Pocket

Tから始まる中学英単語必修英単語23個

本日のテーマはアルファベットTから始まる中学英単語、必修英単語。単語数は23個です。

transport 【trænspɔ’ːrt】(トランスート)
木枝を運ぶ女性たち

Transは超える、反対側、変化、Portは運ぶ。この二つが合体したtransport は運ぶ、移送する、輸送する、移すになります。前にもやりましたがportは運ぶという意味が含まれます。Port⇒港、Porter⇒ホテル荷物運送係であるポーター、空気と港のAirportは空港、運ぶ+できるでportableは携帯可能な、です。Portは運ぶと知っておけばいろいろなport関連単語を推測できます。

trap【trǽp】(トップ)

ロンドンブーツの番組で綺麗な女性に言い寄られ、最後に告白しようと彼女に駆け寄ろうとすると途中で落とし穴に落ちてしまうというドッキリがありました。可愛そうですが笑ってしまいます。
Trapは落とし穴、罠。Honey Trapは女性が色仕掛けで男性を罠にはめる事。

traditional【trədíʃənl】(トラディショナル)
浅草三社祭

Traditionalは伝統の、伝説のという意味。Noh is a traditional Japanese art⇒能は日本の伝統的芸術である。
Tradition(トラディション)はTraditionalの名詞で伝統。こちらはカタカナ英語として日本でちらほら聞きますが基本重要単語ではありません。日本で馴染みが薄いTraditionalは基本重要単語。

trauma【tráumə】(トウマ)
事故現場で救助される人

Traumaは精神的外傷です。衝撃的な体験による心の傷です。虎が馬を食べているの目撃してショックを受けた子供のイラストでトラウマを暗記させようとする連想暗記術のテキストがありました。

travel【trǽvəl】(トベル)
バス旅行をするカップル

Trave;は旅、旅行する、です。Travel around the worldで世界一周旅行をする、になります。
インターネットが普及する前と後では旅行の仕方がまったく変わりました。
今では世界中どこの場所でもインターネットで簡単に調べられます。住所、アクセス、利用した人のコメント、写真、動画など。
ですがインターネットの前は雑誌や旅行本で調べるしかチョイスがありませんでした。1990年代前半にチェコのプラハに行く用事ができましたが情報がありません。
ロンドンやローマと違いほとんどプラハの旅行本がでておりません。紀伊国屋で英語のチェコ旅行書籍を探しましたがあるのは1冊4千円くらいはする写真本くらい。
世界旅行するにもずいぶん手軽で便利な世の中になりました。
日本人の人気海外観光先トップ3は1位ソウル(韓国)、2位バンコク(タイ)、3位台北(台湾)だそうです。日本人の人気観光先Top10

tray【tréi】(トイ)
トレイで飲み物を運ぶカフェの女性

Trayはお盆、トレイの事。昭和の時代は喫茶店にいけば銀のトレイで氷が入ったグラスの水を若いおねえさんが運んできたくれました。今は自分で運んで自分で食器棚に戻す店が多いです。名古屋や大阪では昔ながらの喫茶店がまだ結構残ってますが東京ではなかなか探せません。コーヒーは空間の雰囲気でさらに味わい深くもなると私は思います。すこし寂しいです。

tree【 tríː】(トゥー)
諏訪大社の御柱祭り

木といえば思い浮かぶのが7年に一度長野県の諏訪大社で行われる御柱祭り。巨木をゴロゴロ転がしていきます。事故が多く死亡者もよく出ます。日本で一番あぶない祭りかもしれません。NHK特集でやっておりましたが縄文人と弥生人の融和の祭りだそうです。Treeは

trend【trénd】(トンド)
若者のファッションの中心渋谷109の看板

Trendは時代の趨勢、流行、傾向などの意味。Googleトレンドというページがありますがこれは最近の急上昇ワードをデータ化したもの。日経トレンド、Trendの形容詞trendy(トレンディ=最新流行の)などカタカナ英語化されてきました。

trick【trík】(トリック)
トリックという日本映画のポスター

日本でもすっかりおなじみになったハロウィーン。渋谷などで仮装行列を見ます。ハロウィーンはアメリカの子供たちにとってラッキーデーです。近所の家々を回って戸を叩き『Trick or treat』と家主に伝えます。
Trickはいたずらする、Treatはおもてなしをする。『おもてなしをしてください。さもなくばいたずらします』と言っています。ハロウィーンの夜の定番となっていて家々もおもてなしであるキャンディーとチョコレートを用意しています。ポケットや袋いっぱいにキャンディーとチョコレートを詰めた子供たちは大喜びで帰宅します。
Trickはたくらみ、策、計略、ごまかしなど。いたずらするという使われ方はハロウィーンではお馴染みですがそれ以外ではあまり使われていない感じを持ちます。

trial【tráiəl】(トイアル)
裁判所前というバス停留所

Trialは裁判の審議、裁判という意味。A criminal trialで刑事裁判。日本語でもトライアルという単語が教科書や学習テキストで頻繁に現れるようになりました。このTrialは試験、テストという意味になります。その他試練、困難という意味もあります。Trial and errorで試行錯誤。

triangle【tráiæ`ŋgl】(トライングル)
子供通行注意の三角形の道路標識

Triangleは三角形。三角の形をした楽器もトライアングルです。Triというのが最初に書かれている場合数字の3と関係する意味になる事が多いです。Trioは3人組、tripleは3倍、、trinityは三位一体です。先ほど学習しましたtrialにも3数という意味が含まれます。

trim【trím】(トゥム)
工芸品をトリミングしてすっきりと形を整えている図表イラスト

コンピューターグラフィックの画像処理でトリミングという言葉がだいぶ有名になってきました。Trimは芝を切り取ったりして形を整えるという意味になります。ここから写真などをうまく調整して見やすいようにするという意味になりました。余計なものを削除するという意味もあります。He trimmed his beard for the wedding⇒彼は結婚式に参加するため髭を整えた。

trouble【 trʌ’bl】(トブル)
滝の下におっこちそうなヨット

海外でのトラブル、『トラブルはごめんだよ』などカタカナ英語としてもすっかり定着しているtrouble。心配の種、厄介事、もめ事などの意味になります。He is in trouble⇒彼は今窮地に立たされている。動詞で苦しめる、悩ます、心配させるなどの意味があります。

trousers【tráuzərz】(トウザース)
物干し竿で風になびくずぼんたち

Trousersはズボンの事。ズボンは一着ですが両裾は片足づつ二つに分かれているため複数形として扱われます。My trousers are wet⇒僕のズボンは濡れている。

true【trúː】(トゥー)
Trueと書かれた壁文字

Trueは事実に合致した、虚偽でない、本当のという意味。True or falseで正解不正解。ドリカムの正式名称はDreams come true. 直訳すれば夢が叶う(本当になる)ですが人々はよくHe is my dreams come true(彼は私の理想の人)というふうに使います。

turn【tə’ːrn】(ーン)
左に回せと書かれているドアノブ

Turnは回す、逆さにする、進行方向を変えるなどの意味になります。基本中の基本単語。Turn a keyで鍵を回す。Turn left pleaseでタクシーなどで『そこを左に曲がってください』です。Turn it overでステーキなどをひっくり返すです。ReturnはReが再びで方向を変えるのでリターン(折り返す)です。Turn(回す)にoff(オフ)が付けば電気やテレビなどを消すです。Turnは動詞で順番という意味があります。映画で順番をわりこんでずるしようとする人間に対し『It is my turn, you son of bitch』⇒俺の番だ、バカ野郎!なんて場面を見た記憶があります。Turnは生活と密着したいろいろな使い方が多いです。

try【 trái】(トイ)
Try Againと書かれているポスター

英会話のトライという会社がありますね。Tryは試みる、試すです。
Quoteという単語の部分でもやりましたが再度tryという単語を使ったアインシュタインの名言をご紹介いたします。“Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.”
言葉の意味は『失敗した事のない人間は新しい事にチャレンジした事がない人間である』となります。

tutor【tjúːtər】(テューター)
家庭教師と生徒

Tutorは家庭教師の事。個人指導教師です。Tutorial(テュートリアル)は個別指導のというtutorの形容詞。ゲームソフトの操作解説が日本ではチュートリアルとして定着しています。芸人コンビの名前にもありましたね。

tune【tjúːn】(テューン)
iTunesギフトカードの宣伝ポスター

Tuneは曲、歌曲、楽曲、調子、音調など。iPhone、iPadと音楽を繋げたi-tuneの誕生はCD業界を震撼させる出来事でした。
The piano in my grandfather’s house was out of tune⇒おじいさんの家にあるピアノは音調が外れていた。

tunnel【tʌ’nl】(ネル)
雪国

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」川端康成の作品『雪国』の出だしです。
たったこれだけの短い文章で真っ暗なトンネルの中をごうごうと音を鳴らしながら突き進む列車、そしてトンネルを抜け出た先に広がる一面の雪景色をイメージできます。恐ろしい文章力です。

これが英語ですと、
The train came out of the long tunnel into the snow country.サイデッカーの雪国翻訳

すごくうまい翻訳ですがこの文章を読んでも川端康成のような生き生きとした情緒あるシーンが頭に浮かびません。意味は同じでも英語と日本語では感じ方が異なりますね。

Tonnelはトンネル、地下道の事。発音はネルです。

アメリカ人に野球で野手がボールを撮り損ねて股を通してボールを後逸させたらトンネルという表現を使うと説明すると表現が面白くそっちのほうがピッタリくると大受けしました。
野球のトンネルはアメリカでは使われない完璧な和製英語です。英語で表現をするのであれば let the ball go through his legsになります。

twin【twín】(トゥィン)
双子の姉妹

ツインベッド、ツインテール、ツインターボなど、日本の生活でもちらほら現れるツイン。Twinは双子の、よく似ているという意味になります。2人用ベッドなのでツインベッド、同じターボがふたつついているのでツインターボです。

twist 【 twíst】(トゥスト)
お祭りでねじり鉢巻きをする子供

ツイストパンというものがあります。ねじり鉢巻きみたいな形をしています。Twistはねじる、絡ませるです。事実を歪曲するという意味もあります。You’re twisting my words⇒君は私の言葉を捻じ曲げている。Twist(捻じ曲がる)と先ほど学習しましたTurn(回る)を組み合わせたtwist and turnは紆余曲折という成句になります。

type【táip】(イプ)
B型ですと言っている男性のイラストワッペン

Typeは類、型、タイプ、様式です。日本のカタカナ英語のタイプとほとんど同じ意味です。
日本では血液型(blood type)で人の性格の傾向を予測する事がありますが、日本以外の国ではそんな事はないようです。
実際フィリピンやアメリカでは血液性格診断を知っている人たちは周りにいませんでした。
日本の学会で血液型と性格は無関係という論文を発表しました。血液型と性格に関連性はない

復習テスト

英語から日本語

英語発音日本語
transport 【trænspɔ’ːrt】
trap【trǽp】
traditional【trədíʃənl】
trauma【tráumə】
travel【trǽvəl】
tray【tréi】
tree【 tríː】
trend【trénd】
trick【trík】
trial【tráiəl】
triangle【tráiæ`ŋgl】
trim【trím】
trouble【 trʌ’bl】
trousers【tráuzərz】
true【trúː】
turn【tə’ːrn】
twist 【 twíst】
try【 trái】
tutor【tjúːtər】
tune【tjúːn】
tunnel【tʌ’nl】
twin【twín】
type【táip】

日本語から英語

日本語英語
双子の
トンネル
家庭教師
試す
ねじる
回す
本当の
ズボン
もめ事
形を整える
三角形
裁判
計略
流行
お盆
小旅行
精神的外傷
伝統的な
移送する

あと276単語

本日学習した英単語数は23個。英会話ができる目安となる中学単語1,200個まで残り276個となります。
私も作成頑張ります。それではまた。

※当記事に掲載されている写真はすべて著作権フリーの写真サイト『Flickr』,『Pixabay』、『パクタソ』からの引用か、自分自身で撮影したものとなります。写真使用において万が一無料掲載期間の終了などなんらかの問題を発見された場合にはお問い合わせ欄からご一報いただければ大変感謝いたします。すぐに対応させていただきます

Pocket