Pocket

Grabタクシー乗り場の場所を示す案内標識
Grabタクシー乗り場を示すマニラ国際空港ターミナル3の案内標識。そのうしろはクーポンタクシー。

マニラ空港タクシー利用の憂鬱

マニラ空港に海外から到着すると憂鬱な事があります。不誠実なタクシードライバーたちとの折衝です。詐欺まがいの方法で不当な利益を得ようとする人間たちで溢れています。疲れます。

恥知らずの呼び込み連中

マニラ空港からのタクシーの乗り入れは3つの方法があります。その中で一番悪質なのが呼び込み屋です。
空港敷地内を歩いているといろいろなフィリピン人から『タクシー!タクシー!』と声をかけられます。100%ぼったくりです。定価の5倍以上で吹っかけてきます。無視が一番です。最近その口車に乗ってタクシーに乗ると勝手に高級ホテルに連れて行かれてそのまま宿泊代300ドルをホテルから徴収されたという悪質なケースがありました。
試しに呼び込み屋に『グロリエッタ4(マカティの中にあるショッピングモール)までいくら?』と聞いたところ1,100ペソ(2,640円)という答え。イェローキャブなら200~250ペソ(440~550円)です。
『Bullshit!(それありえない金額でしょ!)』と行ったところ『ならいくらならいい?』と返してきます。『俺はだいたいの値段相場を知っている。あんたは俺が知らないと鷹をくくって俺を騙そうとしたんだろ。どうしてあんたを信用できるんだ?(How can I trust you?)』と言うと今度は『じゃあ、500ペソでどう?』とまだ食らいついてきます。
このようなクズを相手にしているとむかむかを通り越して気分が悪くなってきます。フィリピンを初めて訪れる外国人が一番最初に声をかけられる民間人がこいつらだから許せないのです。国民の笑顔のイメージをぶち壊しています。
皆様。マニラ空港ではどんな事があっても呼び込み屋に関わってはいけません。
ちなみにマニラ空港からマカティまでは7km。タクシー代が比較的安いセブ島では1,100ペソあればダイビングリゾートのモアルボアルから90km離れたセブシティまでタクシードライバーが喜んで乗っけてくれます。

許せないクーポンタクシーの変節

クーポンタクシーの受付デスク。右には白いタクシーが並んでいます。デスクの上の看板にはCoupon Taxiと書かれています。

呼び込み屋よりも心情的に許せないのがクーポンタクシー業者。
クーポンタクシーは空港管轄下のオフィシャルタクシー業者。行き先別の定額制。但し金額はイェローキャブの2倍くらいします。チップなし、追加料金なしのセット料金です。
私も数年くらい前まではクーポンタクシーをよく利用しました。一番の理由はイェローキャブは行列で、クーポンタクシーはすいているからです。
ところが2年くらい前からクーポンタクシーが定めた定額では行かないという運転手が頻繁に現れるようになります。去年3回のりましたが、3回とも定額ではなく交渉値段でした。誰かが始めればこういう悪事は右に続けとすぐ全体に浸透していくものなのでしょうね。
こいつらは目的別定額で空港オフィシャルタクシー業者という名前の安心感を与えられるからこそ高値でも商売ができるのです。
2倍以上跳ね上がっている定額は据え置きにして交渉で追加価格を決める。相手が知らないとおもって鷹をくくっている呼び込み屋と似たり寄ったりです。
それと海外のVIPなどが来た場合には道路規制で渋滞が激しくなりイェローキャブもクーポンタクシーもなかなか空港には来ないときがあります。そういう場合にはクーポンタクシー係員がマニラ市内のホテルまで1,200ペソなどと足元を見てこっそり吹っかけてきます。
相手が合意すると電話で待機しているクーポンタクシーを呼んで優先的に乗せて行きます。実際にそう言われた事がありますし、そういう場面も見ました。こいつらは与えられた特権を使って空港と国民と外国人を食いものにしています。
いなくなったほうがフィリピン表玄関がきれいになるでしょう。

イェローキャブは及第点

イェローキャブ乗り場
上記2つのケースとは対象的でイェローキャブは良心的です。メーター通りに行ってくれます。クーポンタクシーよりもはるかに安いです。ただ悲しいかなクーポンタクシーのような信頼感やオフィシャルの冠がありません。そこにクーポンタクシーが付け入る隙があるのでしょう。
程度は可愛いですがたまにちょっとした嫌な事もあります。
一番ひどかったのがメーター改造疑惑です。空港からマニラのグリーンベルトまでのメーターが450~460ペソくらいだったと思います。通常200ペソ、多くて250ペソです。当日は渋滞もありませんでした。タクシーメーター改造の可能性が非常に高いです。ただそんな経験はそれ一度きりでした。
それとチップをしつこくせがむドライバーが結構います。私は20ペソくらい渡しますが私にとっては許せる範囲です。
イェローキャブの乗り方はイェローキャブの乗り場に行って係りの人に行き先を告げます。すると行き先を書いた紙をくれます。それを運転手に渡して目的地に移動します。

Grabタクシーの空港参入

マニラ国際空港ターミナル2のGrabタクシー乗り場
2018年1月にマニラ空港ターミナル2を歩いているとGrabタクシーの出張所を見かけましたので早速使ってみました。
Grabタクシーとはアプリを通じてタクシーサービスを提供する会社です。本社はシンガポールで東南アジアの7カ国(フィリピン、インドネシア、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、マレーシア)65都市でサービス展開。同社よりますと2017年11月現在、200万人の運転パートナー、6800万のモバイルアプリのダウンロード、および350万人の1日の乗車が達成されたとの事。Grab surpasses one billionth ride
ソフトバンクがGrabに投資した事で日本でも話題に。
Grabがユーザーに支持を受ける理由は値段が安い事、大企業がコンピューターで各タクシーと乗客を管理しているという安心感がある事、アプリで連絡すれば気軽にタクシーを呼べる事などが挙げられると思います。
マニラ空港のGrabタクシーはGrabをウェブ上から事前にダウンロードしておかなくても利用できます。店員に日本かフィリピンの携帯電話の番号を告げるだけです。

Grab店員との会話

:ターミナル3に行きたいんです。。。Grabアプリはダウンロードしておりません。
店員:かしこまりました。フィリピンの携帯電話番号をお持ちですか?もしお持ちでないならお国で使っている携帯番号でも大丈夫です。

専用端末に情報を入力しタクシーを呼ぶGrab店員
携帯番号を告げると専門端末に入力しタクシーを呼びます。

:どれくらいできますか?
店員:すぐきます。
:ターミナル2からターミナル3までいくらかかりますか?
店員:少々お待ちください。
:Grabのタクシー乗り場はターミナル1と3にもありますか?
店員:はい。ございます。これからもよろしくお願いします。タクシーの値段が出ました。82ペソです。(車のナンバーと値段が書かれた紙切れを渡されます。)
:ここからバギオやクラークなど遠方にも行けますか?
店員:いいえ。ここから発信するGrabの行き先はマニラ市内限定です。遠出はいたしません。
お客様のお車がきました。こちらグレーの車になります。

Grabのタクシー
私が乗ったGrabタクシーの車種はトヨタ。待ち時間は5分かからなかったです。ただ私の乗車時間は空いている午前中だったので夜なら混みあうと思います。

Grabブースで係員から手渡される紙切れ。
Grabブースで係員から手渡される紙切れ。自分が乗るナンバープレート、料金、タクシードライバーの電話番号、Grabのカスタマー・サービスセンターの電話番号が記されております。こちらは他日ターミナル2からマニラのバクララン教会までGrabを利用した時に手渡されたもの。料金は120ペソと右上に書かれています。乗車した時間帯は午後2時です。

ターミナル3へ

タクシーに乗ってターミナル3と告げます。
タクシーの中から進行方向を撮影
運転手:ターミナル3は搭乗口(Departure)ですか、到着口(Arrival)ですか?
:到着口でお願いします。ターミナル3のGrabタクシー乗り場で下ろしてください。
運転手:了解いたしました。
:Grabタクシーどうですか?
運転手:お客の呼び出しがちょこちょこ入るので私にとってはいいです。
:パサイビクトリーライナーのバスターミナルにGrabを使って行けばいくらかかりますか?
運転手:うーん。よくわからないですね。たぶん150~200ペソだと思います。(※お客様からの情報。ターミナル2からパサイのビクトリーライナー・バスターミナルまではGrab料金200ペソだったそうです。利用日時は2018年2月20日火曜日夜8時頃。)
:料金は82ペソで合っていますか?
運転手:はい。82ペソです。

ターミナル3のGrabタクシー乗り場

そうこうしているうちにタクシーはマニラ国際空港ターミナル3のGrab乗り場に到着。運転手に100ペソを支払って降車します。お釣りはチップではなく情報提供料だと告げお互い笑顔で別れます。こちらがありがとうと言いたいタクシーでした。

Grabタクシーの乗り場の位置

ターミナル1のGrabの位置


You Tubeにターミナル1のGrab乗り場への行き方がアップされてましたのでご紹介いたします。
方向的にはバッゲージクレーム(スーツケースがぐるぐる回っている所)を通って税関を通過した所にあるドアを出て斜め右側です。バッゲージフロアのドアを出ますと横断歩道があり、途中に中洲みたいな歩道があります。そこを右に行けばすぐにあります。両替所は税関を通過してすぐに右を見れば3軒並んでいます。ドアを出る前です。Grabを利用するにはペソが必要ですのでここでいくらか両替しておきましょう。

ターミナル2のGrabの位置

Bay8標識とGrab乗り場

ターミナル2のGrab乗り場はBay8標識を目指します。ターミナル2の乗り場は出口から離れています。自然に目に付く場所ではありません。
行き方はバッゲージクレームのフロアの自動ドアを出て左です。途中カーブもありますが、左方面にずーっと移動します。するとBay8とGrabの乗り場があります。両替所ですがバゲージクレームのフロアのドアを出て左方向に進めば10メートル位先に3軒並んでいます。Grabに行く途中です。

ターミナル3のGrabの位置

ターミナル3はわかりやすいです。到着口正面玄関を出ればBay3を目で確認できます。Bay3の奥がGrabのタクシー乗り場になります。両替所は1階施設の中にあります。正面玄関のすぐ手前に数件並んでいるのですぐにわかります。
ターミナル3のBay3とGrab乗り場

フィリピンで広がるアプリ配車の需要

GrabとUberの看板を比較している写真
マニラ北80kmにクラーク・アンヘルスという地域には流しのタクシーが存在いたしません。バス(ジプニー)以外の移動手段はトライシクル(客車付きオートバイタクシー、タイのトゥクトゥク)になります。タクシーの1.5倍から2倍の割高料金です。
しかも相場を知らないとぼられます。
最近同地域でGrabを利用する人たちが増えています。トライシクルの定員はきつきつで3名、タクシーはゆったり4名。しかもトライシクルの半分くらいの値段。一度Grabの乗り心地を知ってしまうと時間が切迫した場合を除きトライシクルを利用する事はなくなるでしょう。スマホやアプリを通して配車が自分の家や待ち合わせ場所に近づいている位置や行き先までの値段を端末の画面を通して確認できるのは安心感につながります。
マニラ旅行で不便なのは帰りの移動手段です。電車の駅が遠かったり流しのタクシーがなかなか捕まらない事があります。ウェブの訪問ブログを見ますとお目当ての観光地やレストランなどに行って帰りはUberでタクシーを呼ぶというパターンをよく目にします。Uberはアメリカ人資本のGrabのライバルアプリ配車企業です。
2018年1月にマニラ・マラテのクラブに行きました。横についてくれた女性に聞いてみました。『マラテはマニラでも特に危ない地域でしょ。帰りは深夜になるはず。どうやって家に帰るの?』『Uberを使っています。値段は普通のタクシーと同じです。でもUberは安心です。』

フィリピンに住んでいる人たちにとっても、旅行者にとってもGrabやUberのようなアプリ配車システムは生活の一部になってきているようです。

追伸レポート:Grabは定額ではない

今回のGrabタクシー利用から3週間後の土曜日の夜に同じターミナル2からターミナル3までの同じルートで再びGrabを使いました。
料金は同じ82ペソと思いきや199ペソ。ルートは同じで値段だけ110ペソ(242円)高くなっていました。Grab乗り場のスタッフに理由を聞いたところ時間帯や混み具合によってGrab利用料は上下するとの事。ちょっとだけ落胆。
それとマカティのグリーンベルトからマニラ空港まで移動する際に偶然Grabのステッカーを貼ったタクシーを見つけたのでそれで空港まで頼んだところ値段は交渉でした。運転手が提示する金額は300ペソと悪質なものではなかったのでそのまま利用。(メーターは250ペソくらい。)Grabもネット予約やGrab乗り場を利用をしない限り定額マジックにはならないという事を知りました。

追伸の追伸

2018年9月の土曜日午前中にGrabを使ってターミナル2からターミナル3に移動しました。最初に利用したルートと時間帯がほぼ同じでしたので同じ82ペソと思いきや176ペソでした。2倍くらい値上がりしています。
残念ではありますが、それでもイェロータクシーと同レベル、呼び込みぼったくりやクーポンぼったくりよりは遥かにましですのでまだまだ使い続けるつもりです。

ビクトリーライナーバスターミナルの利用方法

クラーク、バギオ方面のバスが出ているパサイビクトリーライナーターミナルでの乗車方法をこちらに動画でまとめました。

Pocket