Pocket

目次

Rから始まる中学英単語必修英単語31個

本日のテーマはアルファベットRから始まる中学英単語、必修英単語。単語数は31個です。

rail【réil】(イル)
シベリア鉄道

世界最長の鉄道はシベリア鉄道。9,297kmあるそうです。日本の青森から山口までの本州の距離が1,300kmですので実に7倍の長さです。Railは鉄道のレールという意味。本来の意味は横木です。
NHK特集の『日本人はるかな旅』によりますと縄文時代までの日本人のルーツはシベリアから移動してきた人たちがメインだった事がDNA鑑定で判明したそうです。日本と大陸がまだ地続きであったのではるばる寒いところから食べ物を求め引越ししてきました。その時代は鉄道や線路がなかったのでさぞかし大変でしたでしょうね。シベリア鉄道でさえ始発から終点まで7日と16時間かかります。
ちなみにシベリアから東京まで一直線で8,954km。(参照元:距離からシベリア http://www.kyori.info/Siparia)徒歩だとどれくらいかかることやら。途中山も川もあります。

rain【réin】(イン)
雨の日の街角

アメリカ人気ドラマ『24』のシーズン5の事件解決後のシーンでジャック・バウアーの上司であるブキャナンがそれまで戦術手段で対立していた国土交通省のカレンと仲直りをして一緒に朝食を食べようと誘いますが都合がつかない事を理由にカレンに断られてしまいます。この時カレンが使った言葉がCan I have a rain check?です。Rainは、checkは小切手。雨の小切手ですがrain checkの成句で雨天引換券になります。 雨天引換券は野球の試合などが中止になった場合に当日チケット保有者に配られる次回以降の試合無料優先入場券です。レインチェックをくださいとは今回は中止ですが次回はかならず行きますので優先券をくださいという意味になります。簡単に言えば『今回はいけないけど次回は是非誘ってください』という脈ありありの返答です。その後のシリーズで二人は結婚している事になっていました。

range【 réindʒ】(インジ)
電子レンジ

Rangeの日本で定着している言葉としてはガスレンジ、電子レンジがあります。一般的な意味は射程距離、幅、範囲、限界などです。It is almost rangeは『そろそろ射程距離に入ります』です。戦闘機がミサイル発射準備をしている時に上官などに報告するシーンがありますね。ゴルフ打ちっぱなしでも飛距離を計るのでa golf rangeはゴルフ練習場になります。動詞ですと上下に変動する整列させるという意味もあります。

rat【rǽt】(ラット)
大型ねずみ

Ratはネズミの事。Ratはドブネズミのような大型ネズミ、ミッキーマウスでお馴染みのマウスはハツカネズミのような小型ネズミです。

rate【réit】(レイト)
両替所

日本人の留学生や海外に頻繁に出かける人にとって為替レートは生活にかなり影響を及ぼします。円高ですと海外で物を安く買えますが国産品は高くなるので海外で売れなくなります。そして円安はその逆になります。Rateは金融上の交換比率、歩合、相場、レートの事。What is today’s dollar-yen exchange rate?本日のドル体円交換レートはどうなってますか?
海外に出かける場合には海外で両替する事が原則です。日本国内の交換はレートが悪すぎます。

ray【réi】(イ)
光線

Rayは光線の事。光の道筋を示す線です。またもやサウンドオブミュージックのドレミの歌ですがレの部分はRay, a drop of golden sun(黄金の太陽の光のしずく)です。日本語の歌詞レモンのレよりずっと洒落ています。

reaction【riǽkʃən】(リクション)
あっかんべー

Reactionはre(再度)+ action(行動)ですので反動、反発、反対,反抗などの意味になります。Chain reactionは連鎖反応だとChain(鎖)の単語で学習いたしましたね。

red【réd】(レッド)
赤いバラの花

Redは赤、赤いです。赤と言えば情熱の薔薇を思い浮かべます。レッドワインなど日本語で定着しているありがたい1200分の1単語です。

reading【ríːdiŋ】(リーディング)
高倉健の絵

最近You Tubeの朗読にはまっています。藤沢周平の約束、山本周五郎のつゆのひぬま、高倉健の南極のペンギンなど感動してほとんど泣きそうになります。お金のかからない上品な趣味ですので是非オススメいたします。食わず嫌いで損している事ありませんか?
Readingは読書、朗読の事。動詞のReadは読むです。

ready【rédi】(レディ)

ロックコンサートなどでシンガーがコンサートを始める前に『Are you ready?』(みんな!準備できている⇒始めてもいい?)と叫んで客のノリを確かめます。客の歓声を確かめてから歌を始めます。Readyは準備ができているという形容詞です。基本単語です。I am ready to goで『出かける用意が整っています』です。女性もレディですがこちらはアルファベットLで始まるレディーです。

Real【ríːəl】(リアル)
プライベートライアンのポスター

想像や空想ではなくありのままに捉えようとする主張を現実主義、写実主義といいます。20年ほど前にスピールバーグ監督、トム・ハンクス主演のプライベートライアンという映画がありました。ここで描かれている戦争シーンがあまりにも生々しくて目の前で殺戮が行われていると錯覚するほどでした。恐ろしい程の写実主義映画でした。Realは現実の、ありのままの、実際のという意味。基本単語です。日本語でも描写が生々しい時に『リアルだな』とよく使われます。

reason【ríːzn】(リーズン)

Everything happens for a reasonということわざがあります。すべての出来事に理由があるという意味です。失敗にも理由があるので決して失敗が意味のない物ではないとこの頃分かり始めました。Reasonは理由、根拠。基本単語です。

Reasonable【ríːzənəbl】(リーゾナブル)
Reason+ableと書かれている頭脳

Reasonはさきほど習った理由。 Ableはこの単語シリーズ一番最初に暗記した出来るという意味。理由+出来るで納得できる、理にかなった、合理的なという意味になります。Reasonal Priceは納得できる値段ですからお手頃値段です。Cheapのように安っぽい響きはありません。

rebound【ribáund】(リウンド)
水ぽちゃ

Re(再び)+bound(跳ねる)ですので跳ね返りです。典型的なのが水のしずくの水ぽちゃ。バスケットや野球のボールの跳ね返り。日本でよく知られているリバウンドはダイエットしたがその反動でダイエット前よりもっと体重が増えてしまう事。こちらも英語で通じます。
Reboundは跳ね返る、跳ね上げる、反響する、体重がリバウンドするなどの意味になります。

receipt【risíːt】(リシート)
領収書

会社勤めをされている方は出張の時に使った経費を領収書を持っていないという理由で経理に請求できなかったという経験はございませんか?私はたくさんあります。領収書やレシートは税金を控除してくれる物ですので持っていないとどうにもならないですね。一方領収書を持っていた事で問題になる人たちもいます。政治家たちです。献金や賄賂の疑いで責められる事があります。領収書はたった一枚の紙切れですが存在感がすごいですね。Receiptはレシート、領収書、受領書です。

record【rikɔ’ːrd】(リコード)

円盤のレコードがもたらすスクラッチノイズのレトロ感はCDやダウンロードでは味わえないとレコードファンは言います。現在都内でもレコードを掛けるクラシック喫茶がまだ数店残っていると聞いているので一度行ってみたいです。
レコードを売る店もレコード自体もほとんどなくなっているのに今も続けるレコード喫茶の存在はあっぱれです。Recordは記録する、書き留める、録音するなどの動詞です。名詞ですと円盤のレコード、記録などになります。

refresh【rifréʃ】(リフレッシュ)
カルピスのリフレッシュ味

Re(再び)+フレッシュ(新鮮)ですのでRefleshは生き生きさせる、元気を回復させる、新たな活力を与えるという意味になります。日本ではリフレッシュ休暇という言葉が生まれました。

register【rédʒistər】(ジスター)

コンビニやスーパーにあるRegister(レジスター)。バーコードをかざして精算です。Registerは本来記録簿、名簿、登録簿、リスト、目録という意味です。もちろんコンビニの精算機レジスターという意味もあります。

regret【rigrét】(リグレット)
食べ過ぎを後悔する男性

盆水水に返らずという言葉があります。してしまった事は元に戻らないという意味です。英語ですとWhat is done, is doneです。人生後悔つきものですね。振り返ると後悔と残念の山だらけです。教訓は教訓として活かし、前に進むのみです。Regretは後悔する、残念に思うです。

regular【régjulər】(ギュラー)
カズ選手

50歳でも現役を続けるサッカーのカズ選手の目標は今でもワールドカップ出場だそうです。人気絶頂だった若い頃突然日本代表のポジションを外され結局一度もワールドカップの土を踏んでおりません。挫折と屈辱を味わいながらも今もなおひたむきにサッカーに打ち込む中年のおっさん選手。若い頃のスターの顔より苦労を重ねた今の顔のほうが断然かっこよくなっていると私には見えます。
Regularは通常の、普通の、正常なという意味と一軍選手という意味があります。基本単語です。

rehearsal【 rihə’ːrsəl】(リハーサル)

Rehearsal(リハーサル)の鬼と言われたのは日本が誇る演出家蜷川幸雄。稽古中に灰皿を投げられたり、罵倒されたり、人格攻撃されたりと主演役者たちは散々な目にあっています。けれど皆彼の死を嘆き悲しみ、彼と一緒に仕事出来たことを幸せに思っているようです。魅力ある方でした。もったいない死です。Riheasalは稽古、下稽古、リハーサル。でも皆さん意味はわかっていますね。

relation【riléiʃən】(リレーション)
きずなショー

Relationは関係、関連。Human relationsは人間関係。親戚語にrelated(関係のある), relay(リレー競技), relative(親戚), relate(関連づける)などがあります。
Marriage must be a relation either of sympathy or of conquest(結婚とは、同情か征服かのいずれかの関係である。)ジョージエリオットの言葉

religion【rilídʒən】(リジョン)
エルサレムのロウソク

東西の冷戦終結後宗教対立の時代がやってきました。Blood will have blood⇒血は血を呼ぶ、です。どこかで皆さん妥協しないと流血は続きます。難しい問題ですね。Religionは宗教です。

renewal【rinjúːəl】(リニューアル)
リニューアルオープンのちらし

Re(再び)+New(新しい)なので一新、再開発、リニューアル、再建という意味になります。道を歩いていてもパチンコ屋さんのリニューアルオープンという看板をあちこちで見かけます。改装オープンですね。

rental【réntl】(レンタル)
ツタヤのレンタルDVDコーナー

TSUTAYAがレンタルビデオを全国展開してからレンタルという言葉が一気に日本で定着しました。その前に知られていた言葉としてはレンタカー(rent-a-car)はありましたが。
Rentalは賃貸料、家賃、地代、使用料などの意味。
婚礼服、車、DVDのレンタルは有名ですが最近では彼氏レンタルという商売もあるようです。

representative【rèprizéntətiv】(リプリゼンタティブ)
国会議事堂

Representative。Re(再度)+present(プレゼンテーションする)+tive(物、人間)。つまり人々のいう事を再びプレゼンテーションする人間なので代表、代弁人という意味になるのだと推測いたします。すこし長いですが基本単語ですので避けて通る事はできません。Representativeは代表する人、代表、代弁者、代理人
アメリカ議会は上院及び下院の二院制。上院はSenetorで任期6年、下院はHouse of Representativesで任期2年。下院の任期が短いので下院議員は当選前も任期中も次ぎの選挙の事しか考えず政治をする時間がないという2年任期に対する非難の声があります。ちなみに日本の衆議院は4年、参議院は6年の任期です。

request 【 rikwést】(リクウェスト)
ベッドで音楽を聴く青年の絵

Requestは依頼、願い、要望、要請、嘆願などの意味。基本単語です。日本では曲をリクエストするという使い方のほうがぴったりきます。インターネットがない時代は歌番組のリクエスト曲投票はすべてはがきでした。今はワンクリック。

respect【rispékt】(リスペクト)
頭を下げる猫

日本のノーベル物理科学賞受賞者に島津製作所の田中耕一さんがいらっしゃいます。彼は受賞後と受賞前で生活に変化が起こらないよう心がけています。たとえば何かの会に誘われてももし受賞前でも参加したなら参加するし、そうでないなら参加しないという原則を守っているそうです。私は田中さんのような素朴で慎ましく強い人物を尊敬します。
Respectは尊敬、敬意の名詞、尊敬する、敬意を払うの動詞です。
写真の英語綴りはrespeitoとなっておりますがこれはポルトガル語です。英語ではrespectになります。

responsible【rispɑ’nsəbl】(リスポンシブル)
I am only responsible for what I say, Not for what you understandと書かれているボード

Response(対応)+Able(できる)で対応できる、ここから飛躍して責任を負うになります。Responsibleは責任を負う、責任を伴う、責任を取るなどの形容詞。

写真のボードには『I am only responsible for what I say, Not for what you understand』と書かれています。意味は『私は自分が話したことについては責任を取るが君が理解する事について責任を取るつもりはない。』

rest【rést】(レスト)
Rest Room

Restの一番の意味は休息、安息、休憩です。Rest Roomは安息する部屋ですのでトイレです。私が長く在住したアメリカミズーリ州ではトイレと言えばRest Roomです。トイレットと聞いた事はたぶん一度もありません。Restにはその他残り物、残余という意味があります。I will take the restで私は残り物をもらうです。

resort【rizɔ’ːrt】(リゾート)
ハワイ

Resort(リゾート)と言えば観光地、観光ホテル、保養地という意味で定着しています。その意味もありますが本来は動詞で使われて、手段として用いる、助けを求める、頼りにするという意味になります。Resort to courtは解決手段として裁判所に頼るです。

retire【ritáiər】(リイア)

Retireは公職、会社などから退く、引退する、退役するなどの意味です。リタイア組など日本語でも定着しています。宮里藍の引退はもったいないですね。
40歳くらいまでに稼ぐだけ稼いでそれ以降は仕事をリタイヤして自分がやりたいことだけに時間を費やす人たちがごくまれに存在いたします。うらやましいです。

復習テスト

英語から日本語

英語発音日本語
rail【réil】
rain【réin】
range【 réindʒ】
rat【rǽt】
rate【réit】
ray【réi】
reaction【riǽkʃən】
red【réd】
ready【rédi】
real【ríːəl】
reason【ríːzn】
reasonable【ríːzənəbl】
rebound【ribáund】
receipt【risíːt】
record【rikɔ’ːrd】
refresh【rifréʃ】
register【rédʒistər】
regret【rigrét】
regular【régjulər】
rehearsal【 rihə’ːrsəl】
relation【riléiʃən】
religion【rilídʒən】
renewal【rinjúːəl】
rental【réntl】
representative【rèprizéntətiv】
request 【 rikwést】
respect【rispékt】
responsible【rispɑ’nsəbl】
rest【rést】
resort【rizɔ’ːrt】
retire【ritáiər】

日本語から英語

日本語英語
代表
要請
生き生きさせる
賃貸料
後悔する
理にかなった
通常の
目録
責任を負う
関係
理由
反動
尊敬
引退する
現実の
赤い
再建
準備ができている
後悔する
交換比率
観光地
記録する
大型ネズミ
跳ね上げる
射程距離
宗教
下稽古
レール
領収書
休憩
光線

あと625単語

本日学習した英単語数は25個。英会話ができる目安となる中学単語1,200個まで残り625個となります。
私も作成頑張ります。それではまた。

※当記事に掲載されている写真はすべて著作権フリーの写真サイト『Flickr』,『Pixabay』、『パクタソ』からの引用か、自分自身で撮影したものとなります。写真使用において万が一無料掲載期間の終了などなんらかの問題を発見された場合にはお問い合わせ欄からご一報いただければ大変感謝いたします。すぐに対応させていただきます。

Pocket