Pocket

Mから始まる中学英単語必修英単語21個

本日のテーマはアルファベットMから始まる中学英単語、必修英単語の二回目です。単語数は21個です。

middle 【mídl】(ドル)
ダーツでど真ん中に突き刺さる矢

Middleは真ん中。MidやMedが頭につくと真ん中という意味が含まれます。Midnightは夜の真ん中ですので真夜中。Mediumは中サイズやステーキの中くらいの焼き加減。Mediterraneanは地中海。
Middle nameは真ん中の名前。オバマ大統領の正式名はバラク・フセイン・オバマです。日本も維新前までは西郷吉之助隆盛などミドルネームが使われていましたが廃止されました。Middle ageで中年。

military【mílitəri】(リタリー)
陸軍兵士たち

Militaryは軍隊の、軍隊用の、陸軍のという意味。Military draft(徴兵)、 military balance(軍事バランス)。 military forces (兵力)、military intervention(軍事介入)。

milk【mílk】(ルク)
牛と搾りたてミルク

卑弥呼の時代に日本を訪れた魏(中国)の使者が書き残した書物(魏志倭人伝)はその当時(3世紀)に日本には牛や馬はいなかったと書かれているそうです。ミルクは6世紀ごろ仏教とともに大陸から伝えられたと言われています。日本におけるミルクの歴史 ミルクは牛乳です。

mind【máind】(インド)

正しいか正しくないかは別としてインターネットで英語の文献やコメントを調べるとハート(心)は心臓の中にあり、マインド(意識)は脳の中にあると捉えている欧米人を見受けられます。Mindは精神関連、Heartは感情関連という区分けです。Mindは(思考・認識・判断などの働きをする)精神、意識、理性。My mind tells me to give up, but my heart won’t let meと書かれている写真のポスターは『私のマインドは諦めろと言っているがハートの方はそれを許さない』という意味になります。

mine【máin】(イン)
鉱山の中にいる鉱夫たち

Mineには3つのおおきな意味があります。➀私の物、➁鉱山、➂地雷。すべて重要単語です。
It is mine, not yours!(これは僕の物だ。あなたの物じゃない!)食卓で自分の取り分のおかずをお兄ちゃんに横取りされそうな時に弟がいいそうです。Iは私、myは私の、 meは私に、そしてmineは私の物です。
鉱山。昔新潟の佐渡や山梨の甲府にも金の鉱脈がありましたね。武田信玄や上杉謙信が強かった理由のひとつは金山によるファイナンシャルサポートがあったからだと思います。
Mineral(ミネラル=天然)はmineの親戚です。
もうひとつの意味は地雷。Landがついてland mineといいます。世界で一番地雷が多い国ランキング一位はエジプトだそうです。意外でした。世界の地雷が多い国ランキング

minute【mínit】(ミニッツ)
アメリカのニュース番組『60 Minutes』

『60 Minutes』という今も続くアメリカの大人ならほとんど誰でも知っているCBS放送の長寿ニュース番組があり、60分の間に3つの社会、自然、環境などあらゆるテーマを取り上げドキュメンタリータッチで深く切り込みます。Minuteは時間の。It is 15 minutes after ten⇒今は10時15分です。


時間のMinuteほど重要ではありませんが、物の大きさや程度、範囲などが非常に小さいという意味があります。英語の綴りはminuteと同じですが読み方はマイニュートになります。ミニッツではありませんので使い方にはご注意を。

mist【míst】(スト)
霧の森

Mistは霧、もや、かすみなど。蒸気噴霧という意味もあります。温水を噴霧して充満させたお風呂はミストサウナです。

mixed 【míkst】(ックスト)
バニラとストロベリーのミックスソフトクリーム

Mixedは混ざった、混合のという意味。Mixed nutsはミックスナッツ, a mixed schoolは男女混合学校, a mixed breedは雑種。 日本でお馴染みのミックスは動詞ではかき混ぜる、混ぜる、名詞では混合、混合物、ごちゃまぜになります。

money【mʌ’ni】(ニー)
ドル紙幣を口にくわえるアメリカ人

シンディローパーの歌にMoney changes everything(お金がすべてを変えてしまう)があります。そうかもしれませんね。Money talksは『金がモノを言う』という諺。Moneyはお金の事。発音はカタカナ英語マネーではなくマニーです。

monkey【mʌ’ŋki】(モンキー)
日光東照宮にある三猿

見ざる言わざる聴かざるの三猿。言葉の語呂の良さと徳川家康が眠る日光東照宮のイメージからメイドインジャパンだと思っていましたが古代エジプトやアンコールワットでも見られるそうです。三猿 アンコールワットに行った際には気づきませんでしたがカンボジアのお隣のベトナムでは三猿が飾られているのを見ました。小型で尻尾の長いのをmonkey, 尻尾なしの大型をapeと区分けします。映画猿の惑星の原題は Plane of the apesです。Monkeyは

month【mʌ’nθ】(マンス)
カレンダー

Monthは1年を12ヶ月で分けた、暦の1ヶ月という意味。

moon【múːn】(ムーン)
月面着陸

人間が唯一そしてはじめて月の上に立ったのは1969年。月まで運んだのはアメリカの宇宙船アポロ11号。それからほぼ半世紀。現在はアメリカの宇宙探査ロボットが火星を現地で調査しております。人間の宇宙探索へのロマンは尽きる事がないです。Moonは

morning【mɔ’ːrniŋ】(モーニング)
富士山の朝

Morningは午前中、夜明け、朝などの意味。カフェの朝食を指すモーニングは和製英語です。英語のMorningにそのような意味は含まれません。

mother【mʌ’ðər】(ザー)
マザーテレサと彼女の言葉

Motherはお母さん、母親です。一般的ではないですが尼僧院長という意味もあります。
Motherにland(土地)がつくと motherlandで母国、祖国、先祖の地、 motherに tongue(舌)がつくと mother tongueで母国語になります。

motion【móuʃən】(モーション)
歩行数、消費カロリー、歩行距離を示す結果

Motionは人、物などの動き、動作です。昔から有名なカタカナ英語はスローモーション。映画で実際の時間より遅く見せる撮影テクニックです。AppleはiPhone 5s からモーションセンサーという新しい機能を追加しました。これによりiPhoneで「加速度」「方位」「移動距離」「高度」「傾き」「ステップ数」などの情報が取得できるようになりました。

mountain 【máuntən】(ウンテン)
エベレスト山

 

世界最高峰の山はエベレスト山。高さは8,848メートル。2014年イモトは登頂を断念、2016年ナスビは成功し明暗を分けました。エベレスト山頂への登山ルートを開発したと言われるのはイギリスの冒険家ジョージ・マロリー。1920年代に3度エベレスト登頂にチャレンジ。1度目に登山ルート開拓、2度目は雪崩で中断、3度目は遭難し帰らぬ人となります。記者に『何故エベレストに登るのですか』と聞かれてマロリーは『Because it’s there(そこにエベレスト山があるから)』という有名な言葉を残します。Mountainは。彼の遭難が人類初のエベレスト制覇を成し遂げたあとに起こったものだと信じたいです。

mouth【máuθ】(ウス)
大口を開けるカバ

Mouthは人間や動物の。コンピューターを操作するマウスはMouse。ミッキーマウスのマウス(ネズミ)なのでまったく関連性はありません。Big Mouthは直訳すると大きな口です。ですがスラングで使われる意味は『大法螺ふき』になります。

move【múːv】(ムーヴ)
車のブランド名Move

Moveは動く、移動する、出発する、引っ越す、前進するなどの意味。訪問客が訪問先にでよく使う表現にTime to movがあります。意味は『そろそろお暇する時間』です。Moveの親戚movieは映画。宇多田ヒカルのMoving on without youという曲名の意味はあなたなしで(without you)、前に(On)、進む(Moving)です。

much【mʌ’tʃ】(マッチ)
ハマチの値段はハウマッチというダジャレの漫画

Muchはいっぱい、たくさんという意味です。Thank youは『ありがとう』ですが Thank you very much ですと『たくさんたくさんありがとうです。』たくさんという英語にManyがありますが、Manyは数えられるものに使われます。知識や雨などは数えられません。ですのでmuch rain(たくさんの雨), much kwoledge(たくさんの知識)になります。How much(ハウマッチ)は『いくら?』と聞く表現です。ここで疑問が生じます。お金は1枚1枚数えられるのでManyではないかという疑問です。アメリカのドルもone dollar, two dollarsと数える事ができます。ただお金という総称では数えられないというふうに英語圏では理解されます。ややこしいです。とにかくお金ならmuchが使われると記憶してください。病気が回復して気分がだいぶすぐれるは、I feel much better nowです。

muscle 【mʌ’sl】(マッスル)
筋肉ムキムキの女性

Muscleは筋肉、腹筋の事。Muscleのcは発音しないのでご注意を。相模湖にある『鳥肌スタジアム、マッスルモンスター』というテーマパークが今人気なようです。ジャングルジムのお化けみたいなどでかい施設でサスケのような忍者アスレチックを楽しむようです。

music 【mjúːzik】(ミュージック)
トロンボーンを吹く女性

音楽が人類にもたらした豊かさは計り知れないです。Musicは音楽

復習テスト

英語から日本語

英語発音日本語
middle 【mídl】
military【mílitəri】
milk【mílk】
mind【máind】
mine【máin】
minute【mínit】
mist【míst】
mixed 【míkst】
money【mʌ’ni】
monkey【mʌ’ŋki】
month【mʌ’nθ】
moon【múːn】
morning【mɔ’ːrniŋ】
mother【mʌ’ðər】
motion【móuʃən】
mountain 【máuntən】
mouth【máuθ】
move【múːv】
much【mʌ’tʃ】
muscle 【mʌ’sl】
music 【mjúːzik】

日本語から英語

日本語英語
筋肉
1ヶ月
牛乳
お金
音楽
混合した
動作
母親
真ん中
動く
軍隊の
鉱山
お月様
たくさん
精神
お猿

あと801単語

本日学習した英単語数は25個。英会話ができる目安となる中学単語1,200個まで残り801個となります。3分の1が終わりました。
私も作成頑張ります。それではまた。

※当記事に掲載されている写真はすべて著作権フリーの写真サイト『Flickr』,『Pixabay』、『パクタソ』からの引用か、自分自身で撮影したものとなります。写真使用において万が一無料掲載期間の終了などなんらかの問題を発見された場合にはお問い合わせ欄からご一報いただければ大変感謝いたします。すぐに対応させていただきます。

Pocket