Pocket

Hから始まる中学英単語必修英単語16個

本日のテーマはアルファベットFから始まる中学英単語、必修英単語。単語数は16個です。

here【 híər】(アー)
手招きする女性

Hereはここ、ここへ、ここでなどの副詞です。Come here please ⇒ こちらに来てください。普段の生活でよく使われる口語体の表現でHereが含まれている事が多いです。Here we goはレッツゴーと同じ意味で『さあスタートしよう』です。レッツゴーよりよく使われていると思われます。Here you goはコーヒーなどを持ってきてお客に渡すときに『はい、どうぞ』という意味で使われます。Here I amは『ここにいるよ。』こっちこっちならOver hereです。授業で先生が出席を取り名前を呼ばれたらHere(又はPresent⇒ここにいますの意味)と答えます。Here we goにagainがついてHere we go againですと何かつまらない話などが始まった時の『また始まったよ、まいったな』になります。文法的な構造の意味はあまり考えずそのまままるごと覚えましょう。よく出てきます。

handle【hǽndl】(ハンドル)
ハンドルネームの有無に関する質問の図

Handleの一番強い意味は車のハンドル、取っ手、つまみなど。現在日本ではウェブのハンドルネームがよく使われています。ハンドルにはニックネーム、通称などの意味もあります。Handleは動詞で処理する、扱う、解決する、手で触れるなどの意味もあります。これもよく使われます。I will handle the situation⇒私がなんとかする。

herb【hə’ːb】(アーブ)
薬草を使ったお茶

Herbは発音表記でハーブのHが書かれていますがネイティブの実際の発音は『アーブ』と聞こえます。草、薬草の事。道端に生えている草から薬の成分を見出した先駆者たちは実に立派です。

high【hái】(イ)
人間とハイタッチする犬

Highは高いという意味。背が高い、水準が高いなどほとんどの『高い』に適用できます。その他挨拶のHigh!もあります。
アメリカのキャンパスの道で学生とすれ違うとかならず挨拶を交わします。しないとちょっと失礼になります。私の場合使った挨拶表現は3択。『High!』、『What’s up』、『How are you doing today』

Highと言えばHighと戻ってきます。それでおしまいです。これが一番楽です。すこし仲がいい人たちには『What’s up』(今日はどんな感じ?)。返される言葉は『Non Much』です。これは『What’s up』に対する決まり文句です。たくさんではない。つまり何も変わらない⇒いつもと変わらない、になります。『How are you doing today』で『Fine』が戻ってきます。よっぽど仲がよくなければそれ以上つっこみません。ある意味上辺だけの儀式です。

日本人の中に積極的な子もいます。そういう子は『かっこいいシャツ着てるね。どこで買ったの?』というふうに話を広げていきます。

history 【hístəri】(ストリー)
奈良県にある法隆寺

NHKの番組に歴史秘話ヒストリアがあります。ヒストリアを辞書で調べるとスペイン語で歴史、ラテン語で史書でした。似通った単語の重複です。きっとカタカナを入れないと視聴率に影響するのでしょうね。
Historyは歴史、史実など。

hole【hóul】(ホール)
シベリアのミールヌイダイアモンド鉱山

Holeは穴、裂け目の事。世界で一番深い人工穴はロシアとノルウェーの国境にあり深さ12km、日本では新潟にあり深さ6km。火山帯が多い日本では6km穴を掘ってしまえば気温が上がり200度くらいになるそうです。 世界の地下、一番深い場所は?  地球にはまだまだ知らない事がたくさんありますね。写真はロシアシベリアにあるミールヌイダイアモンド鉱山で深さは525m。

hollow【hɔ’lou】(ロウ)
ちくわ

hollowはものに使う時は普通の意味、人間に使うときには悪い意味になります。物に対しては中空の、空洞の、中身が詰まっていない、へこんだなど。人間に対しては〈ほお・目が〉くぼんだ.不誠実な,うわべだけのなどになります。

homeless【hóumlis】(ホームレス)
ホームレスボランティア団体の活動

He has fame, he has money, but no home.これはアメリカラジオニュース番組のレポーターの出だしです。Fameは名声。訳すと彼は有名だ、お金も持っている。でも家がない。
1990年代前半のロサンゼルスであったお話です。ホームレスが公立図書館で学習しようとしたところ、身なりが悪い事が理由で図書館を追い出されました。この小さな事件を聞きつけた地元弁護士が彼を弁護して差別という理由で訴訟を起こしロサンゼルス市かどっかから(明確に覚えていません。ごめんなさい)当時の日本円で2千万円くらいを損害賠償で引き出す事に成功します。この事件で彼は一躍有名になり、お金も手にします。ですが相変わらず家はありません。
Homeは家。Lessは無い。二つが合体するとHomeless。家がない、定住地がないという意味になります。飼い主がいないという意味でも使われます。

honor【ɔ’nər】(オーナー)

世界の名だたるカーレースのひとつインディアナポリス500。つい最近鈴木琢磨が日本人として初優勝の快挙を遂げた事に対してツイッターで『日本人が優勝するなんて気分悪い』とささやいてクビになった地元記者。彼が曇らせたのは鈴木選手の名誉ではなくインディアナポリス500の名声である事を彼はわかっていないようです。Honorは栄誉、名誉、栄光、名声など。

hook【húk】(フック)
フック

Hookは物を引っ掛けて引っ張るための留め金、フック、鉤かぎ等。動詞ですと人を引っ掛ける、だますなど悪い意味になります。ピーターパンに出てくる悪者キャプテンフックの片腕は鉤かぎそのものです。

hope【hóup】(ホープ)
Hopeと書かれた道路インデックス

Hopeは名詞で希望、望み、動詞で希望する、願うになります。

Where there is life, there is hope⇒命があれば希望もある。(有名なことわざから)

horn【 hɔ’ːrn】(ホーン)
角を生やした人間

Hornは牛、鹿など動物の。大昔に角は楽器として使われていたのでトランペットやホルンなどの楽器、警報器や車のホーンもhornと呼ばれます。形容詞のhornyは角状のという意味のほかに淫らな、スキモノという有名な意味があります。異性にこの言葉を使うとひっぱたかれるかもしれませんので決して使わず知っておくだけ知っておいてください。

hospital【hɔ’spitl】(スピタル)
入院患者の食事

このサイトの写真の恐らく7割以上はFlickrに掲載されたものを使わせていただいております。FlickrはYahooが運営する著作権フリーの写真投稿サイトです。病院の写真を日本語と英語で検索して気づいた事があります。英語のhospitalで検索しますと近代的な病院施設や手術室の写真がずらーっと出てきます。一方日本語の病院で検索しますと今にも幽霊が出てきそうな廃墟の閉鎖した病院の写真がずらーっと出てきます。病院に対するイメージの差なのですかね。面白いです。Hospitalは病院

human【 hjúːmən】(ヒューマン)
人間の進化過程

人間は考えるアシであると言ったのは17世紀のフランス哲学者パスカル。人間は弱い存在だが考える事によって宇宙を越えると唱えました。2014年10月グーグルCEOのラリーペイジは「20年後、あなたが望もうが、望むまいが現在の仕事のほとんどが機械によって代行される。」 とファイナンシャル・タイムのインタビューで語っています。今はコンピューターが考える葦になっているかもしれません。2017年5月プロ囲碁棋士ランキング1位の柯潔を3連勝で破りました。柯潔若干19歳ながらは人類最強の囲碁棋士と言われています。パスカルが生きていれば現状をどう思うか。
Humanは人間のという意味。

hurdle【hə’ːrdl】(ハードル)
ハードル競技に挑む女子選手

Hurdleはハードル競技、障害物など。ハードル(難関、課題という意味で)を突破しなければならない、クリアしなければならないという表現は日本ですでに定着しました。

hybrid【háibrid】(ハイブリッド)
ToyotaのPrius

Hybridは異種間の混成物、合成物という意味。ハイブリッドカーはガソリン+電気など2つの異なる動力源を組み合わせた自動車。

復習テスト

英語から日本語

英語発音日本語
here【 híər】
handle【hǽndl】
herb【hə’ːb】
high【hái】
history 【hístəri】
hole【hóul】
hollow【hɔ’lou】
homeless【hóumlis】
honor【ɔ’nər】
hook【húk】
hope【hóup】
horn【 hɔ’ːrn】
hospital【hɔ’spitl】
human【 hjúːmən】
hurdle【hə’ːrdl】
hybrid【háibrid】

日本語から英語

日本語英語
引っ掛ける物
名誉
障害物
希望
病院
高い
合成物
家がない
空洞の
人間の
ここ
歴史
処理する
薬草

あと940単語

本日学習した英単語数は16個。英会話ができる目安となる中学単語1,200個まで残り940個となります。
私も作成頑張ります。それではまた。

※当記事に掲載されている写真はすべて著作権フリーの写真サイト『Flickr』,『Pixabay』、『パクタソ』からの引用か、自分自身で撮影したものとなります。写真使用において万が一無料掲載期間の終了などなんらかの問題を発見された場合にはご一報いただければ大変感謝いたします。すぐに対応させていただきます。

Pocket