Pocket

アルファベットBから始まる中学英単語26個

本日のテーマはアルファベットBから始まる中学英単語26個です。すでに生活の一部になっている言葉が多いのでしっかり本来の意味を把握できているか確認をいたしましょう。

baby【béibi】(ベイビー)
赤ん坊をイメージした飾り物

ベイビーの意味は赤ん坊です。ですが『彼女』という使われ方もします。アメリカや日本の人気歌手が歌の中で『ベイビー』を連発しているので彼女としてのベイビーという意味も知られるようになりました。

back【bǽk】(バック)
おやじの背中という銘柄の日本のせんべい

バックには背中、後ろへ、後ろの、戻るなどの意味があります。ターミネーターの『I am back(戻ってきたぞ)』は一時流行りました。パーティーなどの挨拶でWelcome(よく来たね)が使われますが、長いあいだいなかった人が戻ってきた際には welcome back(よく戻ってきたね)が使われます。

balance【bǽləns】(ランス)
綱渡り

balanceは(重さ・量などが)釣り合った状態,釣り合い,平衡,均衡で日本語のバランスと同じ意味です。日本語のアンバランスも英語でUnbalanceと同じですがimbalanceともいいます。

bag【bǽg】(バッグ)
手提げかばんやリュックなどたくさんの荷物を背負う大阪のおばさん

Bagは日本語のバッグで定着しています。但し英語のbagにはスーツケース、ポーチ、ハンドバッグ、手提げカバンなど幅広い意味が含まれます。

ball【bɔ’ːl】(ボール)
アメリカの野球場

ballは野球、サッカー、ゴルフのボール、球、玉など丸いもの。アメリカでBall park(ボールの公園)と言えば野球場を示します。

bath【bǽθ】(ス)
草津温泉

バスクリンという商品のおかげでバス=お風呂という認識が広まりましたた。bathは入浴、日光浴、水浴びなどの意味があります。bathのthの発音が厄介です。さしすせそのスではなく歯と歯の間に舌を差し込むthです。日本語にない発音ですのでうまく言えない日本人がいます。

beautiful【 bjúːtəfəl】(ビューティフル)
ミスユニバースに選ばれた女性達

Beautiful=美しい。あまりにも有名でスルーしてもいいレベルの単語ですね。これでも立派な1,200分の1です。

bed【béd】(ベッド)
白いベッド

Bedをベッド以外に表現できる言葉は見当たりません。ベッドに寝台という訳文を辞書で見つけられますがどうもしっくり来ません。布団とも違います。昔欧米から来たまったく新しいタイプの寝具なので日本語で翻訳するには無理があります。ベッドはベッドです。

bell【bél】(ル)
釣り鐘

Bellには大きく鐘、釣り鐘、鈴のベルという意味と電話のベルという二つの意味があります。日本語化されているのは電話のベルのほうですね。ですが携帯電話の普及と共に電話のベルという表現はあまり聞かなくなりましたね。Ring a bellで『鐘を鳴らす』となりますが、『Ring a bell?』と人に言われたら『心の鐘に響いた?⇒ぴーんときた?あるいは⇒思い出した?』というアメリカでよく使われる言い回しになります。

between【bitwíːn】(ビトゥイーン)
ビトゥイーン歯ブラシ

Betweenはライオンの歯ブラシの命名のおかげでだいぶ有名になりました。ライオンが宣伝でギザギザを強調しているのでビトゥイーンはギザギザという意味として捉える方もいらっしゃるかもしれませんがそのような意味はありません。Betweenは二つの間、間をつなぐという意味になります。歯と歯の間をしっかりと磨けるという事をビトゥイーンという名前で強調しています。It is just between you and me.よく使われる英会話の表現です。この場合のjustは『だけ』です。二人だけの秘密だよ、ここだけの話だよという意味になります。

birth【bə’ːrθ】(バース)
花火

Birthと聞いてわからない人は多いかもしれませんがBirthdayならほとんどの方が知っているはずです。Birthは誕生、生誕という意味です。Give birth toで子供を産むになります。バースのスは日本人が苦手傾向にあるthです。

bitter【 bítər】(ター)
苦いものを食べている表情をする子供

ビール、チョコレート、コーヒーなどで味改革がなされビターテイストという名称が市民権を得るようになってきています。Bitterとは『苦い』という意味。よく使われるBitter and sweetは苦くて甘い⇒ほろ苦いを意味します。

black【blǽk】(ブラック)
日食

Blackもスルーに等しいありがたい1,200分の1個。黒い。関連英語で有名なものとしてはBlackmail(脅迫)があります。

blue【blúː】(ブルー
憂鬱な表情の女性

Blueは青いカラーを意味しますが、憂鬱という意味もあります。哀調を帯びたBlues(ブルース)はBlueから来ています。Sunday night bluesという言葉は日曜日の夜次ぎの1週間を迎える労働者や学生の憂鬱な感情を表した表現です。デビーギブソンというアメリカポップ歌手の曲に『Ouf of the blue』がありますが、彼氏に巡り合ってブルー状態から抜け出せた喜びを歌っています。

boat【bóut】(ボート)
海に浮かぶボート

Boatはボート、モーターボート、船舶という意味です。Boatをそのままカタカナにしてボート。同じ意味です。We are on the same boatという表現があります。私達は同じボートの上。つまり生きるも死ぬも一緒、運命共同体という意味になります。

board【bɔ’ːrd】(ボード)
黒板にアルファベットを綴る小さな女の子

boardはという意味です。表示板などにも使われます。サーフィンに板がついてsurfboard、黒に板がついてblackboard(黒板)です。ランキングを提示版で発表するビルボードという会社がありますね。会議をboardと呼びます。長い板の卓を人々が取り囲んで話し合う光景から連想されて板に会議という意味がつきました。

bottle【bɔ’tl】(トル)
ボトルの中に入った人間のトリックアート

ボトルは文字通りボトルや瓶という意味になります。不思議に思うことがあります。ウィスキーやワインなどの洋酒はボトルで呼ばれ、ビールやお酒はなぜ瓶で呼ばれるのでしょう。。。高級ワインもレミーマルタンも越の寒梅も同じような形の容器に入っています。

brain【bréin】(ブイン)

Brainは。会社や組織の首脳部や計画立案者がブレインと呼ばれるようになってきました。アインシュタインは人間は脳を10%しか使っていないと言ったそうな。ルーシーというハリウッド映画ではモーガン・フリーマン扮する博士がイルカは脳の能力を20%引き出していると説明していました。

brake【bréik】(ブレイク)
スケート靴でブレーキをかける男性

Brakeはブレーキの事。発音的にはブレイクになります。ブレーキ、歯止めなどの名詞。反対の意味を持つ成句にstep on itがあります。直訳すると『それを踏め』です。それというのはアクセルの事。アクセルを踏み込め⇒スピードを出せ⇒急げ、になります。車社会のアメリカらしい表現です。

broken 【bróukən】(ブロウクン)
割れたハート

Brokenは壊れた、砕けた、割れた、ちぎれたなどの意味です。日本で有名なのはブロークンイングリッシュ。壊れた英語、つまり間違った英語を指します。機械が壊れた時にによく『It is broken』と使われます。Broken heartは割れたハート、つまり失恋という意味になります。

brother【brʌ’ðər】(ブザー)
ブラザーという名前の喫茶店

パソコン周辺機器のメーカーにブラザーがあります。昔はミシン製造が非常に有名でブラザーをミシンの英語名と勘違いしていた人がいたという話を聞いた事があります。brotherは男兄弟という定義以外他の意味をあまりもちいられません。呼びかけの挨拶で『hi, brother』と使う事はあります。ビートたけしのブラザーというアメリカを舞台にしたヤクザ映画がありました。この場合は『兄弟分』という意味でしょう。

brown【bráun】(ブウン)
サッポロのブラウン色を強調したビール百人のきせき

Brownとは茶色、褐色の事です。日本ではシェーバーで有名なブラウンがありますがこちらのスペルはBraunですのでまったく関係ありません。今は見る事がなくなったブラウン管テレビのブラウンもブラウンというドイツの人が発明した事から由来しているのでこちらもBrownとはまったく関係ありません。

bucket【bʌ’kit】(キッツ)

バキッツと発音されるbucketはバケツの事です。英語の原型が日本でなまってバケツになったのでしょう。
ニコルソンのBucket List(邦題:最高の人生の見つけ方)という映画がありました。死ぬまでにやっておきたいことのリストという意味です。Kick the bucket(死ぬ)という成句から来ています。バケツを蹴る。これは首吊りする時に踏み台となるバケツを蹴る事を指します。Bucket Listはバケツを蹴る前にやっておくべきリストになります。日本ではバケツはただのバケツですが英語では少しエグいニュアンスが含まれております。

business【bíznis】(ジネス)
ウォールストリートの牛

Businessは日本語でもビジネスです。発音もほぼ同じです。辞書を開きますと職業、仕事、商売などが出てきます。ビジネス英語と聞けば自然ですが仕事英語と翻訳するとなにかしっくりきません。欧米文化に毒されているのでしょうかね。写真の牛を知っている方は相当なアメリカ通かビジネス通です。ヒントはニューヨーク。

breath【bréθ】(ブス)
深呼吸する武術家

ブレスとは呼吸、息吹という意味です。レにアクセントが来ます。
一昔前までは水泳、吹奏楽器、健康術の呼吸法で紹介されるくらいでしたが、今では『息すっきり、』『ブレスケア、』『口臭遮断』などのケア商品がらみの宣伝が世間を賑わせています。『吐息』産業がここまで伸びるとは思いませんでした。
Breathという単体よりはbreath-taking(息を呑むような、はらはらさせる)という成句をよく耳にします。A breath-taking movie等。

butter【bʌ’tər】(ター)
とろけるバター

Butterは日本名もバター。外来品としてそのまま日本でその名前が受け入れられたと思われます。バターの主原料は牛乳。マーガリンの主原料は植物性・動物性の油脂。ここが両者を大きく区別させている点のひとつです。

復習テスト

英語から日本語

英語発音日本語
baby【béibi】
back【bǽk】
balance【bǽləns】
bag【bǽg】
ball【bɔ’ːl】
bath【bǽθ】
beautiful【 bjúːtəfəl】
bed【béd】
bell【bél】
between【bitwíːn】
birth【bə’ːrθ】
bitter【 bítər】
black【blǽk】
blue【blúː】
boat【bóut】
board【bɔ’ːrd】
bottle【bɔ’tl】
brain【bréin】
Brake【bréik】
broken 【bróukən】
brother【brʌ’ðər】
brown【bráun】
bucket【bʌ’kit】
business【bíznis】
breath【bréθ】
butter【bʌ’tər】

日本語から英語

日本語英語
バケツ
美しい
苦い
黒い
吐息
兄弟
の間
赤ん坊
茶色の
バランス
背中
頭脳
バッグ
バター
ベッド
ビジネス
生誕
青い
水浴び
ブレーキ
割れた

あと1,150単語

本日学習した英単語数は26個。英会話ができる目安となる中学単語1,200個まで残り1,150個となります。
私も作成頑張ります。それではまた。

※当記事に掲載されている写真はすべて著作権フリーの写真サイト『Flickr』,『Pixabay』、『パクタソ』からの引用か、自分自身で撮影したものとなります。写真使用において万が一無料掲載期間の終了などなんらかの問題を発見された場合にはご一報いただければ大変感謝いたします。すぐに対応させていただきます。

Pocket